初めての近畿団体戦

順位繰り上げで、
近畿団体戦(混合ダブルス)に出場してきました。

3都道府県によるリーグ戦、2試合。

スポンサーリンク

第1試合

第1ダブルスで出場。
相手の女性の力量がさほど怖くもなく、
完全なカード勝ち。

女性のサーブがネットから30cmぐらい浮いてくる。
ロングサーブ無し。

「どうせ浮いてくるから、別に詰めてスタンスしなくても。」

そう思って余裕で構えた。
浮いてくるので、プッシュもできる、と。

相手女性のサーブはネットにひっかかった。

その時、相方が私に言った。

「ロング無いからもっと前に詰めて立てや。」

・・・

私は機嫌を損ね、言い返した。

「そんなことはわかってる。試合当日に立ち位置の(修正)ことは言わないで欲しい」

相方は機嫌を損ね、険悪なムードのまま、2-0ストレート勝ち。

完全に集中できていない試合だった。

第2試合

相手の男性は相当な実力者で、「レジェンド」と呼ばれている方。
攻撃力が高く、特にバックハンドからの攻撃が多彩で強いイメージ。

何度かプレイを拝見したことはあるが、
同じコートに入るのは初めて。

さてどう料理されるのか。

想像とおり、1stは上からボコボコに打ちこまれた。
取れない。当てれない。速い。沈んでくる。

「簡単に上げたら、取れない・・・」

私はそうつぶやいた。つぶやいただけで、
しっかり上げる、それしかできなかったように思う。

2st、チームメイトの助言と応援に助けられ、
セットを取り返した。

 ・ハーフをやめろ
 ・しっかりあげるかネットに沈めろ
 ・ロブは高く高く

相手男性、余裕の表情が消え去り、途中から険しい表情になった、らしい。
らしい、というのは、私は余裕がなくて、ほとんど覚えていない。

この、ほとんど覚えていない=集中力、というのが、
勝利のキーワードとなった。(らしい)

私は自分の世界に入り込んでおり、
相方の表情や采配も、まったく関係のない場所で戦っていた。

ただ覚えているのは、

○ロブを高く高くしっかり上げた
○サイドバイ対角の時、ラケットを上で構えた
○サイドバイの時、ストレートサイドラインにしっかり寄った

それぐらい。

なんで勝てたんだろう。

バドミトンリーグ*S/Jリーグ 富山県高岡市大会 12/9開幕

国内最高峰のバドミントンリーグ戦、「バドミントンS/Jリーグ」。
3年目のシーズンが富山県高岡市で開催されます。

バドミントン S/Jリーグ 2018 富山県高岡市大会
女子 日本ユニシス vs. NTT東日本/男子 日本ユニシス vs. NTT東日本

<バドミントン S/Jリーグ2018> ~富山県高岡市大会~

開催日:2018年12月9日
会場:高岡市民体育館

■女子 日本ユニシス vs. NTT東日本
■男子 日本ユニシス vs. NTT東日本

出典:Jsports

S/Jリーグは2複1単のチーム戦。
バドミントンのリーグ戦は、個人戦とは違った楽しみがありますね。
結束力、団結力。リーグの醍醐味を選手と同じ気持ちでテレビ観戦したいものです。

全日本シニアバドミントン大会/2018年・愛知県*ウィングアリーナ刈谷周辺の宿

全日本シニアバドミントン選手権大会まであと2週間!
今年2018年の開催地は愛知県です。

第35回全日本シニアバドミントン選手権大会 愛知県

スポンサーリンク

第35回 全日本シニアバドミントン選手権大会

メイン会場はウィングアリーナ刈谷

2018年11月23日から3日間、愛知県(全9会場)で行われるシニアの大会です。

さて。大会まであと2週間。既に会場も発表になり、みなさん宿泊先の最終決定をする頃でしょうか。

メイン会場はウィングアリーナ刈谷刈谷駅周辺にはビジネスホテルが点在しているので宿探しには困らないかもしれませんね。

宿泊先は朝食バイキングのある宿が人気

試合当日は、朝食をしっかり食べる派が多いと聞きます。
ですので、朝食がバイキング形式の宿泊先は人気があるようです。

ホテル東洋イン刈谷
住所:愛知県刈谷市南桜町1-28
0566-29-1040
ウィングアリーナ刈谷まで4.2km
http://www.new-toyo.com/kariya/

朝食バイキング、大浴場あり!

刈谷プラザホテル
住所:愛知県刈谷市相生町2-31
電話:0566-24-3711
ウィングアリーナ刈谷まで3.2km
http://www.kariyaplaza.com/

アクセスイン刈谷
住所:愛知県刈谷市中山町3丁目36番地
電話:0566-26-5522
ウィングアリーナ刈谷まで3.5km
https://www.access-inn.jp/

エースイン刈谷
住所:愛知県刈谷市若松町2-54
電話:0566-26-5611
ウィングアリーナまで4.3km
http://www.kuretake-inn.com/krya/

名鉄イン刈谷
住所:愛知県刈谷市若松町一丁目72番
電話:0566-27-3434
ウィングアリーナ刈谷まで4.5km
https://www.m-inn.com/kariya/

旅行会社で刈谷周辺の宿を探す

楽天で刈谷の宿を探す

じゃらんで刈谷の宿を探す

るるぶで刈谷の宿を探す

1年に1度のお祭り、全日本シニア。
楽しみですね!

11月4日 ミックス個人戦

年に2度ある?H市のミックス個人戦に1部で参戦した。
前回から1部でエントリー。前回は4月
前回も今回も箱抜けならず。

スポンサーリンク

第1試合

相手は若い速い。女子の圧が強い。
今日はトッパンで戦うことに決めていたので、
内容が悪くても、トッパンスタイルを貫いた。

1st、相方が
「今のは前詰めろ」
「今のは下がれ」

シャトルごとにダメ出しをするので、
私は迷いが出て中途半端になってしまった。

「試合でそれ無理。前詰めれると私が判断したら迷わず行くから合わせてほしい。」

そうお願いしたら、しぶしぶ聞き入れてくれた。

1stはラリーに持ちこめず単発で落とした。

2st目。私が前に入ることで流れが良くなった。
相方が後ろで必死に動き回る展開はいつもながらではあったが、

しっかりラリーをすることが出来た。

正直、相手の穴というか、
弱点が多くて、

もし私の組み立て通りにゲームすることが出来たら、
勝てない相手ではないと思った。

と、偉そうに書いたけど、
組み立て通りにゲームするには、
基本的な技術が必要で。

その技術のどれ一つとして、
自分の手持ちカードに無いというところが、

私達の痛いところで、
また、強くなれない理由なのである。

第2試合

相手男性は同年代(少しだけ年下らしい)。
上手い、手強い、と聞いていた。

1st、うちが走り、先取。

2st、こちらのミスが原因か?落とした。

ファイナル、18オールまでもつれたが、
最後は逃げ切られて敗けた。

終盤、相方はバックアウト連発、
どれぐらい出てたか終わってからギャラリーに聞いたら、
20cmぐらい平均してアウトしていた、とのことだった。

この試合。
後ろを振り向くと、仲間の顔がズラリ。
応援は力をくれたので、
気持ちを乱すことなく最後まで戦えた。

みんなの顔がなかったら、
もしかしたらファイナル18オールまで、
くらいつけなかったと思う。

私はサーブが(いつも通り)悪くて、
肝心な場面でサーブミスをした。

悪い流れになった時でも、
後ろからの応援があったから、
気持ちを保てた実感がある。

負けたけど、終わってから主審に
「楽しそうに試合されてて、とても羨ましいです。」

と言われて嬉しかった。

相方の口角の下がった顔は、
最後には笑顔に変わっていたからだろうか。

練習のゲームにて

トッパンと普通ローテを交互でゲームした。

なぜか勝率高かった。(試合後でみんな疲れていたのか?)

いやでも、疲れているのはみんな同じだ。

勝ち残っていけばいくほど、疲労を抱えながら戦うことになる。

この状態で自分の中の何かを維持したり、発揮したりすること。

それが出来る人が強いんだと思う。だから頑張った。

しかし。本当の実力者は、ここで調整しながら、色々な試し打ちをしたり、相手を計ったりする。

無理をしない。

その中で、色々と試している。

私達には、そんな余裕はない。

そこは、まだ次のステージ。

今は、

「悪いイメージを残さないこと。」

「しっかり動いて頑張ること。」

そして、二人で力を合わせること。

幼稚なバドミントンしか出来ないけど、

今はそのステージで、踏ん張るしかない。

最後は35MIXの準優勝ペアと対戦。

ストレート勝ち。
長い長い、クソ長いラリー、
女子VS女子のせめぎ合い、

またもやの消耗戦。

必死。

なぜ勝てたのだろう。
わからない。

やっぱり相手は、
相当疲れていたのか?
足が痛かったのか?

どちらかだろう。

2018年7月~10月の試合回顧録まとめ

2018年7月~10月の試合回顧録、まとめます。

スポンサーリンク

7月29日(日)3ミックス団体戦

台風で開始時間が遅れたものの、楽しい1日となった。

第1試合だけパートナーと組んだ。
第2、3試合は違う方と。

最後の試合は消耗戦。
相手の男子は、以前に対戦したことがあり、
上手いのはわかっていたけど、
あんなにスマッシュでやられる相手ではないと思っていた。

私がレシーブできずに失点がかさみ、1セットを落とした。
2セット目、少し立ち位置を修正したことで、
(特に右サイドバイ、ライン際のストレートスマッシュ)
取れなかったシャトルが返球できるようになった。

ペアの方の球回しもうまく、
私が打ち込まれる回数が格段に減り、セットを取り返した。

ファイナルセットは、
それこそ消耗戦。

長いラリーを制することができた事、
浮いてもサーブを入れれたことが勝因かなと思った。

8月13日(月・祝) ミックス個人戦

空調の無い体育館、真夏の暑さに体力の消耗がハンパなかった。
倒れるかと思った。

全勝で箱抜け、決勝へ。
決勝で1セット先取、
このまま逃げ切れるかと思った矢先、
パートナーの足に限界が。

無念の棄権。

完全普通ローテで粘りまくった1日だった。

9月9日(日) 女子団体戦

女子4人で兼ねて出た。
試合の運び方、
勝ち方を学んだ1日となった。

初心者の頃に足も手も出なかった相手に、
接戦を制して勝つことができた。

私の番手は4番だったが、
闘い方で勝てるという事を教えてもらった1戦となった。

10月21日(日) ミックス個人戦

先週から痛みが引かない右ハムストリング。
私の調子は最低の最低、

足の痛みが怖くて踏み込めないから
動きが遅くて対応が遅れる。

第1試合(結果、この対戦相手が優勝した)、
粘るラリーで頑張ったが力及ばず。

第2試合の1セット目はコートが暗くて照明がまぶしくて焦点があわず。
速いだけの棒球スマッシュを打ってくる若い男子に、
いいように撃ち込まれたが、辛くもセットを守った。

2セット目から焦点が定まり、
難なくレシーブしてから攻撃に転じる回数が増え、
大差をつけて勝利。

第3試合は、左利きの男子のカットスマッシュに翻弄されたが、
対応するまでに時間はかからなかった。
でも私の足は限界にきていて、
まったく踏み込めず、コンディションは最悪だった。

1日を通してパートナーには精神的にも肉体的にも負担をかけた1日だった。

全国社会人(個人戦)

女子ダブルスとミックスに参戦。
全国社会人の個人戦は、初めての経験。

スポンサーリンク

女子ダブルス

第1試合。流れをアッサリと持っていかれ、
悪い内容のスタートとなった。

しかし途中から追いついて、
巻き返してのストレート勝ち。

落ち着けば、何のことはない、
敗ける要素は無かったはず。

第2試合。
後から考えれば、勝てる試合だった。
なぜ敗けたか?

1.左利き対策に欠けた。
2.球回しを間違えた

間違えた、というのは、もっと最前の方法があったということ。
(見ていた仲間に後から教えてもらった)

それよりなにより、
私の出来が悪かった。

出来が良ければ、問題なく勝てたはず。

やりなおしたい。

ミックス

第1試合。緊張してか?最初の5点ぐらい、ラケットにシャトルがまともに当らなかった。
どうなるかと思った。と仲間から言われた。

女子が普通に下がって狙われてくれる展開。
途中から落ち着いて、私は無駄に下がらずトッパンで攻撃を続けることが出来た。

第2試合。
ストレート負け。強い。女子が、強い。
女子vs女子で、かなりの差で負けていた。

あれは、私がもっと出来ないと勝てない。
相手を見る余裕がない。

だめだ。

でも、いってこいの展開で、競ることができたのは収穫。

良いパターンでこちらが得点することも多く、
長いラリーの応酬。

相手も必死だったに違いない。

そういう試合を、あの場所で出来たこと。
それは収穫。

改善点、明確。

1.サーブ
2.サーブ
3.サーブ

サーブを、無の境地でしっかり入れていく。
それが出来たら、もう少し強くなれる。

サーブを入れようと思わず、
サーブを入れて、次どうする。って考えると、
サーブが入るようになると教えてもらった。

3日間、仲間とたくさん時間を共有できて、
刺激をもらったし、メンタル的にも助けられた。

感謝しかない。

総合 ミックス

1試合め

女子が上手くて強いのは知っている。
パートナーの男性の力量が、わからなかった。

1セット目。サーブ前出しトッパンで開始。
18ぐらいまでシーソーゲーム。

相手のミスに付け入り、そのまま逃げ切ることができた。

なんだかやりにくい。
なぜだろう。

そう思っていたら、コーチ席に座ってくれたラオウが、
「もっと前に早く入らないと後衛が迷ってる。
 どんどん前へ」

2セット目。
言われた通りにしたら、はまった。
完勝。

念願の2試合目へ。

2試合め

どちらが上がってくるのか?本当にわからなかった。
百獣の女王対決。

怖いね。絶対にどちらかが1回戦で消えてしまうなんて。

うん。結果?

全力出せたよ。

全力出して、
調子最高によくて、

あれが限界。

お兄ちゃんのカット、えぐい。
Tしーの前衛、えぐい。

手持ちのカードが多すぎる。
カードの質が良すぎる。

特に、お兄ちゃんと同じコートに入るのが初めてで、

まったく対応できなかった

終わってから、言われたこと。

(お兄ちゃん)
1セット目、打っていってレシーブされたので、
2セット目は打つのやめてカットにしました

(私)
ああいう時、私はもう少し前でスタンスすればよかったんですか?

(お兄ちゃん)
そうですね。もう少し前に詰めたほうが良かったですね。
ロブがもっとしっかり上がってくれば、もう少し楽に(対応)できると。

・・・

1本目のカットを、
しっかり上げれなかった。

面だけ変えて、リバース回転かかってきたり、
どっちにシャトルが飛んでくるのか、
さっぱりわからなかった。

私の引き出しには、
まったく何の対応策も経験もなかった。

これ、ぜったいに覚えておこう。

ストレート負けで、ベスト8。

良いような悪いような。

3ミックス団体戦

1部のミックス団体戦に誘ってもらってパートナーと参加してきました。

スポンサーリンク

第1試合

パートナーと組んだ。若くて速い相手に、なすすべなし。
手を出せば弾かれて、手を出せなくて何もできず。

メンタルの調子だけが下がり、
最悪な試合だった。

第2試合

メンタルの影響が大きく出た。
何をしても自分が悪いという思考から離れられず、
サーブさえ怖くて打てなくなった。
2セット目に、何とか気持ちを切り替えて、
ショートサーブが少し入るようになった。

ペアの力量に助けられ、善戦するも、敗けた。

第3試合

まだ引きずるメンタルの不調。
でも、完全トッパンのミックスは機能できて、
内容は悪くなかった。(ペアの球回しが上手い)

しかし、いまひとつ調子が上がらず、敗けた。

第4試合

またパートナーと組んだ。
最後の最後に、少しだけメンタルの調子が回復し、

自分らしいバドミントンが出来たものの、敗けた。

・・・

感想。

あのレベルの(若い・速い)1部で自分が戦うには、
何かと厳しい。

いなす球、
先手を取る球回し、
ラリーを切らない粘り、

それが無ければ、勝つことはできないと思った。

以上。

ぽしゃった試合

5/29 エントリーしていた団体戦 応援だけ
5/30 エントリーしていた女子個人戦1部
       オープンにしてしまった

申し訳ない!

選手権 ミックスダブルス

1試合め

わたしがミックスを始めた年に、練習で対戦したことのあるご夫婦。

あの時は、確か、いいように敗けたはず。

でも、負けるはずはないという確信を持ちながら試合に挑めた。

結果、ストレート勝ち。

序盤、少し二人とも気持ちが慌てるシーンがあったが、
それ以上に対戦相手が慌ててくれたので助かった。

2試合め

何度か練習で一緒になったことのある女性。
完全に狙い撃ちして、1セット目を簡単に先取。

私は前衛の出来が非常に素晴らしく、
今までのバドミントン人生の中で、
おそらく1番、「全ては自分の手の中にある」ぐらいの、
自信みなぎるセットとなった。

鼻息も荒く、調子にのって始まった2セット目。
いつもなら球の下に入れず手打ちするクリア、
体が良く動いて調子に乗っているものだから、

しっかり半身になって体の回転でクリアを打った瞬間、

ピキっ

腰を痛めた。

まったく体が動かないようになり、

そこから、まさかのサーブ前出しトッパン。

貯金があったこともあり、
なんとか逃げ切ることができた。

この時点でベスト8確定。

次の試合、棄権するかどうするか・・・

迷いに迷った。

迷いながら歩いていて、
前から歩いてくる仲間に相談したら、

『絶対にやめておいたほうがいい』

とは言わなかった。

もし、そう言われたら、棄権するつもりだった。

今の状態で、何ができるか試すのもあり

そうだ。
完全トッパンで、意識を集中して、
あの相手に、どこまで通用するか、

試してみたい。

相手も怪我人、
どちらが先に棄権を申し出るか。

いざ勝負!

結果、相手も最後まで棄権せず、
私も最後まで踏ん張り、耐えた。

あの相手に勝てる最大のチャンスは、
うちのサイドアウトで消えて行った。

この1戦。

後ろからの応援と、
アドバイス、

いまだかつてないぐらい、
力と思考を私達に与えてくれた。

ほしがるな
収めていこう
もっとしっかり
いけるいける
おちついて
ゆっくり

そのアドバイスを、しっかり聞きながら、
実行しようと二人で向き合えたこと、
気持ちを揃えて戦えたこと、
あの相手から良い内容で点が取れたこと、
通用すること、
しなかったこと、

この1戦。

きっとこの先、振りかえれば、
重要なターニングポイントに、
なるかもしれない。

敗けたけど、
結果オーライ。

3位。