diary

2021年9月21日(火) 対応力

お疲れ様です。3連休、いかがお過ごしでしたか?

私は仕事と実家と家事に追われた3連休でした。中日だけ、前日の夜おそくに練習のお誘いがあって、ちょうど練習に行けるけど練習がないという日だったので、ありがたく練習することができました。

何かと『対応力が上がってきたな』と自画自賛の3連休だったことを記録しておこうと思います。

対応力その1 母の世話

周囲との連携、母との連絡方法など、全てにおいて対応力がアップしてきた。

いままでは、母が電話に出なかったら見に行く必要があったけど、母の携帯でラインを開設して使い方を教えたことで、その回数が減ってきた。

  • 携帯電話をどこに入れたかわからない
  • 充電が切れていた

・・・携帯電話に対する関心が薄れていたのが、電話に出ない要因だったようで、母にラインを教えたら、携帯電話を活用してくれるようになった。(スタンプしか押してこないけれど生存確認はしっかりできる)

ヘルパーさんが週に数回、来てくれるようになったことも大きい。母の様子などを私と妹に連絡をくれる、そのタイミングがルーティン化してきたので、母の安全を確認(安心)できることが増えてきた。

対応力その2 仕事

ipodを購入したことで、これほど能率が上がるとは思わなかった。加えてクラウドを使用することで、どこに居てもストレスなく確認・処理ができるようになった。その時の自分のスタイルに合わせた働き方をする力が上がってきた。

  • One Drive
  • Good Note5
  • ライン(仕事用のアカウント開設)

上記を活用することで、無駄を省くことができた。点在するメモやノートを探す必要がなくなったし、公私混同でストレスになっていたラインの使い方(返信の優先順位)を整理することができた。

対応力その3 バドミントン

練習時間が激減している中で、貴重な練習時間の中で無理なく無駄なく自分の練習をする対応力が上がってきた。

どんなレベルの人と入っても「この1戦が全体の何パーセントなのか」考えるようになった。かなりのパーセンテージになるので、しっかり気を入れてゲームに向き合うようになった。

以前なら、「練習できてないから。」と腐っていたけど、腐っていては腐っていくので腐らないように、置かれた環境に感謝してしっかり練習できる対応力を上げていくしかない。

対応力その4 投資

短期と長期を分けて考えることが出来るようになってきた。目先の利益にとらわれて、投機癖が抜けない節があったけど、9月に入ってから色々と自分で目標を立てたことで、『下落時』の対応力が上がってきた。

短期と長期で対応の方法が違う。長期ならば、下落時に買い増していけばいい。いつが底か?探って待って機会を失してきたけれど、今は「その都度の情勢を見て自分が決断するタイミングが全て」だと思えるようになってきた。

もともと、狼狽売りはしないタイプで、反対に損切りが速すぎて後悔することが多かった。下落時の対応力(考え方)の質をあげていくのは、めちゃくちゃ大事だな。

さて。今週はどんな日々になりますかな。1回でも多く練習できたらいいんだけどなあ。

 

You need Password to read

金額にガウスかけるのも面倒くさくなってきたし、本気で記録しているため、アクセス制限かけました~。

引き続き読んでくれる人はご連絡を♪

Step by Step

 

最近の投稿