禁酒

2.なぜ私は節酒できないのか?その理由を探すところから始めてみよう|2020/9/21

お疲れ様です。4連休の中日。私は自宅で仕事をしています。息抜きにブログ更新です。いま頭に浮かんでいること、それは「禁酒するか否か」ということです。

減量するために再び禁酒をするべきか考察中で、過去に8カ月禁酒した時の事を記録しています。読み返してみて、「また禁酒するかどうか」ここ数日、考えていました。

とりあえず、我慢できるところまで禁酒してみよう

これが今の結論です。目的は3つ。

禁酒する目的

  1. 減量するため
  2. ポテンシャルを向上させるため
  3. 無駄のリストラ

減量するために禁酒する

何が問題かというと、私の場合は「飲むお酒の量が多い」ということに尽きる。飲んでも飲んでも酔わないので、ずっと飲んでしまう感じ。酔うために強いお酒を飲むと、翌日二日酔いになって撃沈するので、ほとんどビール。

カロリーで計算すると、月に17000kcalをカット /7100=2.3kg減量できることになる

計算してみて驚くわ。糖質ゼロの「プラチナダブル」を好んで飲んでるけど、糖質とカロリーは別もの。糖質がゼロでもカロリーはあるのよね。

今飲んでいるビールを止めたとしたら、計算上は月に2kgぐらい減量できるということになる。

ポテンシャルを向上させるために禁酒する

これは、禁酒3日目にして痛感している。いつもならリビングでお酒を飲む時間に、ウォーキングしたり半身浴したり。これは大きい。

禁酒することで無駄をリストラする

毎日晩酌で350mlか500mlのビール1本だけ。という飲み方をしている人は、まったくもって無駄とは思わない。適度なリラクゼーションを保てるし、筋肉も緩まりそうだし。

でも私の場合は、飲みすぎる。まじで何本飲んでも酔わないので、飲みすぎる。もし、お酒にかけているお金を10年間貯蓄したとしたら・・

これ、怖くないですかね?飲みに行くお金を合わせると、もっと飲酒にお金を使っているから。マジで飲みすぎ。というか、無駄すぎる。なんのために私はお酒を毎日飲んでいるのか?

そこをちゃんと考えて、今の自分・これからの自分の人生にとって飲酒がプラスになるのなら、禁酒を止めて「節酒」ができるかどいうか考えてみようと思う。

ただ、今まで節酒に成功したためしがない。

ではなぜ、私は節酒ができないのか?

 

はい、この理由を探すことから、はじめたいと思います。とりあえず今日で、禁酒3日目。

 

禁酒継続中(2020/9/18~)