1. ホーム
  2. バドミントン全般
  3. ≫バドミントン ミックスダブルス 前衛の立ち位置

バドミントン ミックスダブルス 前衛の立ち位置

「前衛の時、前に詰めすぎやから止められへんねん!」
と、パートナーに言われ続けてますが、どうしても納得できませんでした。

しかし昨日の練習で、(超)上級者の女性の前衛を見て自分がいかにネット前に詰めすぎているのかを認識しました。

nbn-foot

上級者の前衛立ち位置

ネットを挟んだ隣のコートで(超)上級の女性がダブルスをしていました。
ちょうど「前衛でネット前に詰めすぎ!」とパートナーから何度も言われた直後だったので、
(超)上級の前衛立ち位置を観察してみることにしました。

ネットから遠い!

(超)上級の女性が前衛で立っている位置に横並びしてみると、ものすごくネットから遠い!
もしこの状態でネット前にシャトルが来たら、間違いなくノータッチで決められてしまうでしょう。
もしくは、走りこんでコートアウトするかも。ネットから離れてスタンスするためには前へのフットワークを強化しないと成り立たたないと思いました。

足のスタンスがネットに向かって並行

これは、人によって違いがあると思いますが、その(超)上級の女性はネットに向かって両足を並行にスタンスしていました。
私は後衛が打つ瞬間だけに限らず、前衛の時に右足を前に踏み込む癖があります。自分の体より右側の返球に関しては反応できても、反対側(バック側)への返球には対応が遅れることが多いのです。どちら側へも即座にステップを踏み出せるスタンスが重要なのかなと思いました。

ラケットヘッドを高い位置で構えている

肘を高く上げるというより、ラケットヘッドを高く・前で構えているという印象を受けました。
私はラケットを上げろ!と言われるから単に上げてる、「無駄な構え方」をしているのだと思いました。

ずっと両足でリズムをとっている

いつでも素早く動けるように、ずっと足が動いていてリズミカルにステップを踏んでいました。
どうしてもシャトルの行方に気を取られて、足がベタっと床についてしまうことが多い私です。対戦相手が上手くなればなるほど、前衛が機能しないと苦しい展開になってしまいます。少しでもシャトルに触れるように、しっかりと足を動かして俊敏にシャトルに反応できるようにしないといけないと思いました。

もっと機能的な前衛を目指して

お手本を間近で見せていただいた気分です。自分との違いを明確に認識することができました。あとは、意識して練習するのみ!

まずは、「ネットから出来るだけ離れる
これから始めてみたいと思います。

バドミントン全般 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント