1. ホーム
  2. 試合回顧録
  3. ≫合算250の団体戦

合算250の団体戦

今年で2回目。
再びお誘いいただいてありがとう。

この団体戦は、
府上位の人達がチームを組んで出てくる。

とても実りのある団体戦なのだ。

第1試合

ミックスで出場。
特記すること無し。

2-0で勝利。

第2試合

女子ダブルス。

気持ち良く1セットを先取、
2セット目、相手が戦法を変えてきたのだが、
それに対する対応ができずにセットを落とした。

あの試合に勝つための○○が、
今の私にはない。

もしも願いが、
かなうなら、

パートナーが打てるのに打たず、
ドリヴンクロスクリアを打つよ今から!という、
予測できる力が欲しい。

私が予測できないからダメなんだ。
自分は選択しないけど、
せっかくの攻撃なんだから。

第3試合

ミックスで出場。
相手の女性は合算の中では、
若い。

めちゃくちゃ動きもいいし、
自信もありそう。

1-1で回ってきて、
これ、うちらが勝てば決勝T進出。

こ、こわい・・・・

と私が思ったのが見透かされたのか、

「とにかく楽しんで!何も考えなくていいから、
楽しめばいいから!」

と言われた。

はい、そうします!と答えたものの、
ちょっと気負ったな。

序盤、固かった。

それでも声を出して、
パートナーも気合を入れた試合をしてくれたので、

そのまま勝ち切ることが出来た。

決勝進出、
2コロ打ち切りで、出番なし。

でした。

総評

なんだか安定感が出てきましたね。
と言われてうれしかった。

落ち着いてないのに、
落ち着いて堂々としてる様に見えることがあるらしい。

不思議。

でも、最近は結果が出ているし、
すごく苦しい試合を勝ち切ったという経験の積み重ねで、

以前より自信というか、
「あの試合はもっと精神的に苦しかった」

と思えることが増えているから、だろうか?。

最近の投稿