1. ホーム
  2. 試合回顧録
  3. ≫全国社会人団体戦(石川県)

全国社会人団体戦(石川県)

初めて全国社会人団体戦に出場した。
うちらは1位での出場ではなかったので、
少し申し訳ない気持ちもありながらの、
初めての団体戦。

90MIXの枠で出場。

第1試合

対戦相手も90XD。数年前に全国の個人戦で優勝しているペア。
男子のカットが上手だった。

序盤、対応に遅れて失点。
緊張しているつもりはなかったけど、
後から考えると、固かった1セット目。

余裕がないまま、
振るだけ当てるだけのバドミントンだった。

ただ、体だけは動いていたので、
「良いラリーしていたね」
とか、遠目で見てくれていた人に言われたけど、

内容は、本当に悪かったと思う。

そこそこ点数はとれたけど、
0-2で負けた。

会場は広いし、
打感が無い。
ジャッジが難しくて、

でも相手はジャッジが上手かった。

上位の試合で、
ジャッジが下手な人間は勝てない。

見た感じからして、
相手は強そうだった。

袖無しのウエアだったし!

第2試合

対戦相手は、どこぞの試合で対戦したことのある女性。
「負ける理由がない」

男性は、かなり年配。
「負ける理由がない」

これが、良くないパターンへの序章。

気持ちよく1セットを先取。

第2セット。
パートナー、球を回す。攻撃しない。(ゆるい)
球回し、下手。

わたし、何していいか、わからない。
上げるんかい、わし、下がるんかい!?

雰囲気、悪くなる。

ローテがたがた。

何してるか、自分でもさっぱりわからない。

相手はノリノリになってきて、
第2セットを取られた。

インターバルで、チームメイトのTさんに言われた。

なにやってるんですか。
あなたたち一番若いんだから、
そこでしっかり勝ってくれないと、
あとに控える私ら年配は、
しんどいんですよ。

相手は動けないんですよ(あなたたちより)
空いてるところたくさんあるのに
なにやってるんですか。

ミスせずに入れていくだけでいいから。
(しっかりしてください)

私とパートナーは、
はっ!と我に返った。

そうだ。
そうなんだ。

こんなことで、
セットを落としている場合ではない。
団体戦だ。
団体戦。

個人戦ではない。

しっかりしないと!!!!

気を取り直してファイナル。
自分たちのラリーを取り戻し、
ギクシャクしながらも声を掛け合い、
2-1で勝利。(ほっ)

第3試合

全国社会人団体戦は、
2日目に第3試合。
結果からいうと、チーム的に負けたので、
全3試合で終了となった。

個人戦績1-1で迎えた第3試合。
なんとしても勝ち越したかった。

女性は有名人らしく、
さすがの腕前。

前に入って仕事を完結するのが上手。
持っていきどころも、いやらしい。
当てるのが上手、落ち着いて見えた。

男性は、少し年配だったけど、
すごく動く、頑張る人だった。

2日目なので、コートが良く見えたし、
会場の雰囲気にも慣れていた。

少しの余裕が、
大きな違いとなることに気が付いた。

昨日は、シャトルのメーカーも確認していない。
シャトルの飛び具合にも気が向けれてなかった。

今日は、パートナーの表情を見る精神的な余裕があった。

2-0で勝利。

総評

初めての団体戦。
遠方まで車での移動、
試合後の打ち上げ、

何もかもが経験だった。

メンバーが、私にとっては非常に心許せる方々だったので、
今回、少し、いや、かなり無理をして出場した。

出場させてもらって、良かった。