人間関係

バドミントン頑張ってるのに周囲が認めてくれない時。心を整える4つのメンタルワーク

認めてもらうためにバドミントンを頑張っているわけではないけれど、

周囲から日々の努力を認めてもらえずに落ち込むことだってあるさ。

勝てない 勝てない 勝てない

でもいいのさ。
自分にさえ敗けなければ。

周囲に認めてもらえず落ち込んだ時は
心を整える4つのメンタルワークを実践しよう。

area

01.尊敬できる人の言うことだけ聞く

バドミントンで強くなるために必要なのは、フットワークの速さやラケットワークの良さだけじゃない。

”心” も大切な要素。

  • 前向きな発言で力を与えてくれる
  • 見守る懐の深さを持っている
  • 自分の考えを押し付けない

尊敬できる人の言うことだけ聞いていればいい。

02.自分の毎日を理解してもらおうと思わない

自分が毎日頑張っていることを評価してもらおうとしなくていい。

誰も褒めてくれなくたって、自分自身が鏡の中の自分に向かって、

「今日も頑張ったね。明日は今日より強くなれるよ!」

そう声をかければいいだけ。

期待するから落胆する。

03.嫌なことは忘れる

言われて傷ついたことは、できるだけ早く記憶から消そう。

傷ついた言葉が頭に浮かんできたら、
頭の中で紙に包んでゴミ箱に捨てよう。

酔った席のことなら尚更。

相手は自分の吐いた言葉すら覚えていないことがほとんど。

04.ほとんどのことは、どうでもいい

ちょっとしたことで大騒ぎしない。
一大事と思えば大変だけど、

どうでもいいと思えば、ほとんどの事はどうでもいい。

risu02
うちのチョコちゃん。